bellicon® official partner:
有限会社インタービジョン

  1. HOME >
  2. 健康効果

健康効果

bellicon®トランポリンのトレーニング効果

世界中の専門家や利用者によってbelliconトランポリンの実際の効果が確かめられています。健康の回復から体力増強まで、免疫力の向上からストレス解消まで幅広い目的に家庭や会社で、病院やフィットネススタジオでbelliconトランポリンが利用されています。

ご興味のある項目をクリックしてください:

ベリコンで弾むことがどうしてこんなにからだにいいのでしょうか。チッツマン博士がそのワケをビデオで説明します。

トレーニング画像

きれいな姿勢

奇麗な姿勢画像

姿勢はバランス力

アスリートのきれいな立ち姿や歩く姿はすぐれたバランス力に支えられています。 きれいな姿勢をつくりだすために欠かせないのがからだのバランス力です。

最高のバランストレーニング

からだが揺れたり弾むとすぐに三半規管がキャッチして小脳が指令をだして全身の筋肉がバランスを保つために働きます。ベリコンで弾むことは最高のバランストレーニングです。

脚、腰、体幹、上体の筋肉を無意識に鍛えます

ベリコンでの揺れや弾みは、バランスに特に大切な脚、腰、体幹、上体の筋肉を鍛え、バランス感覚を向上させます。ベリコンでは持久運動でも筋力トレーニングでもどんな運動もバランストレーニングになります。

体力増強/脂肪燃焼

体力増強/脂肪燃焼画像

何歳から始めても効果があります

持久運動や筋トレはいつ始めても効果があります。年齢や身体の状態に関係ありません。簡単な運動が健康増進につながります。次の3つの要素を組み合わせて行ってください:

  • 心臓循環を強くする有酸素運動
  • からだを強くする筋力づくり
  • 可動性とバランス力を向上させるトレーニング

ベリコン1台ですべての運動ができます

ベリコンですべてのトレーニングが自宅でできます。スタートキットのポスターや付属のDVDでもトレーニングを紹介しています。ベリコンをいつも見える場所に置いて、思ったらすぐにべリコンに乗りましょう。

ジョギング以上の脂肪燃焼

体重75㎏の人がジョギングで175カロリー消費する時にベリコンでは205カロリーの消費ができます。しかも、楽しいトレーニングです。

骨盤底筋を強化する いつも安心 気分爽快

骨盤底筋を強化する

骨盤底筋は3層の筋肉です

仙骨と恥骨の間にハンモックのように広がり腸、膀胱、女性の場合は子宮も支えています。排尿や排便では骨盤底筋が緩み、尿道が開きます。咳、くしゃみ、笑う、飛ぶ、重いものを持つ時は、反射的に-つまり無意識に-骨盤底筋に力が入ります。その力が弱いと失禁を起こします。

弾みの運動が骨盤底筋を鍛えます

ベリコンで上下に弾んでいると、筋肉はからだが下に沈むときに緊張し、弾んで上がるときに弛緩します。このトレーニングは骨盤底筋を強くするだけでなく、代謝も活性するので、健康的な体重の維持にも役立ちます。失禁のある場合や骨盤底筋が非常に不安定な方は、足をマットから離さず付けたままでゆっくりと上下に揺れてください。 図解

シニアの体力維持

シニアの体力維持として画像

弾んでソフト、気分もグット

ベリコンでのソフトなトレーニングは心臓や筋肉を鍛え、代謝やリンパの流れを活性し、骨粗しょう症の予防やバランス感覚の向上につながります。弾むと気分がよくなり楽しくなります。

「運動は加齢に伴う病気リスクを減らす」

これはアメリカ心臓協会の報告です。フワフワ揺れるだけでも効果があります。足をマットに付けたままで前後左右や上下に揺れます。運動が苦手な方もできます。

飛び上がらずにマットを足で下に押します

シニアの方や関節の痛みのある方は、強度表から体重に合わせて“標準強度”を選んでください。トレーニングでは飛び上がらずに足を下のマットに押し込んでください。

腰痛のケアに

腰痛ケアにも画像

椎間板や脊椎を守るのは体幹の筋肉です

何も負担をかけない過保護は、負担をかけすぎるのと同じくらいによくありません。トレーニングで筋肉を強くし、可動性を取り戻し、悪い姿勢や動作を改善すれば痛みの悪循環を断ち切ることができます。

AGRが推奨する世界で唯一のトランポリン

ベリコンは健康な背中のアクション協会AGRが効果と安全性を検証して推奨する世界で唯一のミニトランポリンです。

ベリコンが腰や背中にいい理由とは:

  • ベリコンは楽しいトレーニングです。面白くなければ続きません
  • 背筋を活性する
  • 椎間板に押し引きの力がかかり水分と養分を供給します

糖尿病には運動を

糖尿病には運動を画像

運動の継続は糖尿病リスクを60%下げます

糖尿病の原因はまだ解明されていませんが、遺伝、肥満、運動不足が発生と進行に関与していることははっきりしています。メイヨ―クリニックの調査によると、体重を少し減らせば7%、身体運動を継続すれば糖尿病にかかるリスクが約60%も下がります。

継続には楽しさがカギです

運動を日課にすることは簡単ではありません。たいへんな努力が要ります。また肥満の人はジョギングなどを始めて膝痛を起こすことがよくあります。つまり、楽しくて関節への負担が少ない運動が求められています。ベリコンなら最適です。

専門誌でも紹介されたベリコン

オーストリアの「糖尿病ジャーナル」2010年7月号でベリコンが紹介されました。「『運動は楽しくないし、時間もないからできない』とたいていの糖尿病の人たちは言います。ところが、運動へのモチベーションがわいてくる器具が出ました。ベリコンの超弾性ミニトランポリンです。」
トレーニングをする時は医師や専門家と相談してください。治療方法には個人差があります。

リンパの流れを改善

リンパ説とリンパ管画像

リンパ液はよく流れることが大切です

からだに広く張り巡らされているリンパシステムは、有害物を体内から除去し、からだを病気から守っています。そのためにはリンパ液が滞留せずに流れていなければなりません。しかし、リンパ液には心臓のようなポンプがありません。私たちがよく動き筋肉を動かすとリンパ液はよく流れます。

軽く弾めばリンパ液の流れが促進されます

からだは条件さえ整えば自然に浄化を行います。そのためにほんの少しだけサポートを必要としています。トランポリンの弾みはリンパの流れに大変効果的なサポートです。リンパドレナージュです。腕に浮腫がでる乳がんのリハビリにもベリコンが使われています。

健康には軽い運動、健全な食事、熟睡

激しくない身体運動を行い、健康な食生活を保ち、十分に眠ることが、からだと心の健康を増進し自然の免疫力を強くするベストの方法です。

骨粗しょう症の予防に

「骨の減少が止まります」シュルツ博士 - NDR放送

“骨にベストのエクササイズ”

2009年のニューヨークタイムズに出た見出しです。骨粗しょう症に対してはトランポリンで「飛んだり跳ねたりすることがベストのエクササイズのようだ」と結論づけています。ドイツではヨハヒム・シュルツ博士がトランポリン運動で患者の治療を行っています。その結果、博士が確認したことは:
  • 上下に弾むことにより骨の減少がストップする
  • 弾む運動が骨密度を安定させる
  • トランポリントレーニングが転倒予防になる

短い時間でも毎日の日課に

短時間でも効果があります。長く続ける工夫をしてください。骨粗しょう症の場合のゴムザイルリングの強度は、強度表の“上級者”の欄からから体重に合わせて選んでください。骨粗しょう症の方は医師や理学療法士に相談し、からだのリスクを理解してトレーニングを行ってください。

子供の発育のために

お子様の発育のために画像

子供も運動不足

飛んだり、跳ねたり。子供たちは疲れ知らずです。ところがテレビやゲームや勉強で座っている時間が増えています。十分に運動している子供はドイツではたった20%です。子供の肥満や糖尿病も増加しています。

子供はトランポリンが大好き

運動嫌いの子供もトランポリンで飛び跳ねるのは大好きです。家の中でいつでもできます。睡眠、食欲、骨形成、学習、自覚、身体感覚など発育のための作用がたくさんあります。友達と飛んで遊んだり、弾みながら算数の九々の練習もできます。

安全クッションがあります

分厚くて丈夫なフレームクッションがベリコンのアクセサリーにあります。取り付けると子供たちが跳ね回っても安心です。

リバウンドのない健康な減量

リバウンドのない健康な減量画像

栄養と減量マネージメントの専門家ハイケ・マルシックさんは、なぜベリコンを運動に推薦するのでしょうか。答えは:

減量のカギは運動の強さでなく継続です

「減量に運動は不可欠です。ベリコンが非常にいいのは、簡単で誰でもすぐに運動を始めることができるからです。もう一つはベリコンの楽しさです。ベリコンなら乗りたくなります。乗れば降りたくなくなります。トレーニングを続ければ結果が見えます。結果が見えれば続きます。体重増加との戦いに勝つカギは運動の強さではなく継続にあります。」

運動後もカロリーの燃焼が続きます

トランポリンで行う持久運動は、終わってからもまだずっとカロリーの燃焼が続くほど代謝を活性することが確かめられています。その効果は24時間続きます。朝の10分間のトレーニングは、からだの代謝を1日中高いレベルに保つことが最新の研究でわかってきました。

免疫力を高める

免疫力を高める画像

からだは免疫システムに守られています

免疫システムは高性能なネットワークを構築して私たちのからだを守っています。この免疫システムの機能を維持するために大切なことは健康な食生活と有酸素運動を取り入れた運動習慣です。

有酸素運動が免疫システムをサポートします

ベリコンで行う有酸素運動は、免疫システムを強化するだけでなく、ジョッギングよりも関節や靱帯にやさしい運動です。belliconトランポリンで日常生活に運動を取り入れてください。「運動は単に細菌やウイルスからからだを守る免疫システムをサポートするだけでなく、心臓病、骨粗しょう症、がんなどのリスクを減らします」(アメリカ国立衛生研究所)。

ストレスは免疫システムの大敵です

日常の至る所にあるストレスは免疫システムへのリスクの一つです。ベリコンは溜まったストレスを抜く弁のようなものです。軽く上下に弾むことが筋肉や関節を緩め体液を行き渡らせます。これはマッサージのような作用となり、ストレスを解消し、からだが緩み熟睡できます。

ストレスとバーンアウトに

ストレスとバーンアウトに画像

数分のミニトレーニングが効果的です

ストレスやバーンアウトには、数分の短いミニトレーニングを一日に何回も行うのが効果的だと説明するベン・バーク博士:
  • 普段は使わない筋肉の血流が増加し、疲れている筋肉がほぐれる
  • 痛みやストレスを和らげるエンドルフィンの分泌が活発になる
  • 身体に集中すると精神的に楽になり緊張が解ける

ベリコンは近くに置いてください

ベリコンを目立つところに置いてください。やりたいときにいつでもすぐに乗って気分転換がはかれます。どんなやり方でも構いません。激しい筋力トレーニングは不要です。やる気の強い人はやりすぎないように注意してください。ソフトに弾めばからだも心もほぐれます。

ミニトレーニングはメイヨークリニックも推薦しています

「不調な時、ちょっとトレーニングするだけでストレスが解消することがあります」

▼ ロケーション

健康な職場

オフィスで画像

疲れる原因が増えています

長い会議、あふれるメール、スマートフォン、迫る期限。それが続けば集中力が低下し仕事の生産性が落ちます。肩こりや腰痛に悩まされる人たちも少なくありません。長時間の座っている姿勢が大きな問題になっています。

姿勢は変えるだけでも効果があります

動けばからだを緩めて血流を改善することができます。労働医学の観点からバランスが取れている仕事の姿勢の割合は座って50%、立って25%、動いて25%と言われています。例えばベリコンでは写真のようになります。

弾んでソフト、気分もグット!

職場にベリコンがあればいつでも乗ることができます。ソフトに弾むバウンドで全身が無重力と重力を往復します。数分間でからだがほぐれるだけでなく、気分もすっきりして仕事もはかどります。

ベリコンのワークスペースコンセプトが「とてもよく動く」認定取得

余分な時間も場所もとらずに、職場の中に組み込むことができます。スタンドポジションで作業しながら、脚とふくらはぎの筋肉血流と感覚受容器を活性し、肉体的かつ精神的な疲労症状の予防ができます。 「とてもよく動く」認定についてはこちら→

パーソナルトレーニング

パーソナルトレーニング画像

1:1の個別指導

自宅やスタジオで専門のトレーナーから個別に指導を受けるパーソナルトレーニングを好む人が増えています。スタイルでも腰痛ケアでも自分のからだと目的に合わせた指導を受けることができます。ミニパーソナルトレーニングもあります。ここでもベリコンは活躍しています。

ベリコンは万能マシーンです

1台でカーディオ、筋力、可動性、バランスのトレーニングができる万能マシーンです。軽く弾めばウオーミングアップにゆらゆら揺れればリラクゼーションにもなります。特許の弾性システムにより体力や年齢に関係なく若いアスリートでも高齢のシニアでもすべての人が使えます。

持ち運び用の専用バックがあります

Belliconトランポリンには持ち運び用の専用バックがあります。おしゃれにどこへでも持っていけます。ネジ式の外した足を入れるポケットが専用バックに付いています。

フィットネスクラブ

フィットネスクラブで画像

カーディオラティスにはベリコン

シカゴのフィットネスクラブ・シックスパックスの創設者ファイス・カルーソさんが使うトランポリンはbellicon®トランポリンだけです。その理由を聞くと:
「私は長い間Cardiolates®を指導しているのでどのトランポリンのこともよく知っています。ベリコンはその中では群を抜いて最高です。私のクラブではフィットネスレベルに関係なく若い人、スポーツ選手、70歳を越えたシニアもbellicon®トランポリンを使います。みんなベリコンが大好きです!」

誰もが認める楽しさ - ポストリハビリでもトレーニングでも

「クラブ会員はトランポリントレーニングが関節にやさしい、リンパシステムを活性する、骨密度を改善するなどの効果をよく知っています。クラブではbellicon®トランポリンを関節炎、骨粗しょう症、腰の痛みなどのリハビリの後やスポーツ選手のクロストレーニングにも用いています。ベリコンで行うCardiolates®の楽しさにはだれも異論がありません。」
PAGE TOP